薬剤師になりたいけど私立と国公立どちらの大学を選ぶべき?

薬剤師になりたいけど私立と国公立どちらの大学を選ぶべき?

薬剤師の国家試験の受験資格は薬学部を卒業しないともらえません。 6年制の薬学部ならどこでも良いのですが、 やはり入学する前は私立か国公立かどちらにするか 悩む人もいるのではないでしょうか?

まず、私立と国公立の違いですが、 見てすぐわかる違いといえば学費の違いですね。 やはり学費が安いのは国公立大学です。 そして国公立大学のほうがレベルが高いような 印象があるかもしれませんが、実は国家試験の合格率と、 学生の就職率が高いのは私立大学のほうなのです。

私立大学は学費で運営を賄っていますが、 もし国家試験の合格率が悪いと入学生が減ってしまいます。 そうなると学校を運営していけませんよね。 ですので、私立大学は国家試験対策に力を入れており、 学生を国家試験に合格させるために物凄く頑張っているのです。

しかも卒業試験は国家試験よりも難問だったりするのです。 つまり、国家試験に合格できない人は卒業もできないというわけです。 そのようなことをして学生の国家試験の合格率を上げています。

国公立大学はというと国家試験対策はあまりしていません。 国家試験対策よりも研究をすることに力を入れているところが多いです。 主に製薬会社で勤務して医薬品の研究をしていきたい人が 国公立大学を目指します。

卒業試験も私立大学ほど難しくはありません。 しかし、国家試験対策があまりされていないので、 自分でなんとかしていかなければなりません。 そのため国公立大学の国家試験合格率は あまり高くはないのです。

国家試験の合格率が低くても入学生が減るということも あまりありませんし、減ったとしても死活問題にはならないからなのです。 そして、研究と国家試験が重なるなんてこともあるのです。 これが私立大学と国公立大学の違いなのです。

確実に国家試験に合格してすぐに薬剤師として働きたいなら 私立大学がおすすめですし、研究をたくさんして 製薬会社で薬剤師として働きたいなら国公立がおすすめです。 まずは薬剤師になったら何をしたいのか よく考えてから志望校を選ぶようにしましょう。