ダブルワークで薬剤師の仕事をする

ダブルワークで薬剤師の仕事をする

収入を伸ばすために選択している人が多いのがダブルワークですが、薬剤師の中にもダブルワークを選択している人がたくさんいます。 当然のことながら1つしか仕事をしていない時に比べると忙しくなってしまいますが、収入が増える以外にも様々なメリットがあるんです。

そのメリットとは、複数の職場で働くことによりスキルアップが望めるということ。 薬剤師の職場といっても様々な場所があり、どこで働くかによって業務内容も大きく変わってきます。 それに、仕事に慣れ過ぎてしまうと毎日の仕事がつまらないと感じてしまうことがありますが、ダブルワークで仕事をかけもちすれば、それぞれの職場で知識を得ることができるんです。

また、収入アップも大きな魅力ですよね。 例えば、今の職場はとても自分に合っていると感じているものの、給与が安いために転職を考えているという人もいるでしょう。

その場合もダブルワークをすることにより、今の職場を辞めることなく収入を増やすことができます。 ただ、注意しなければならないことがあります。 それは、職場によってはダブルワークとして働くことを禁止している場合があるということです。

2つめの仕事が決まってからダブルワーク禁止であることに気付いたりすると双方の職場に迷惑をかけてしまうことになるので、必ず先に今の職場に確認をしておいたほうがいいですね。

また、薬剤師の職場の中には業務内容が非常にハードなところもあります。 そういったところをかけもちしてしまうと体を壊してしまう可能性もあるので、自分の体力と相談しながら仕事探しをするようにしなければなりません。

たくさん稼ぎたいと思っているのであれば夜間に働くのがおすすめなのですが、昼間もフルで働いて夜間も働くとなるとかなり体力を消耗してしまいます。

パートや派遣のような形で短時間だけ働くダブルワークも人気です。 いろいろな職場で様々な業務を経験しておくと転職の際に有利になることがあるので、将来の転職を見据えてダブルワークを始める人も多いようです。