薬剤師の面接について

薬剤師の面接について

給料が高いということで薬剤師の仕事に魅力を感じている人はとても多いです。 ですが、薬剤師として高い収入を得るためには、採用してもらうことから始めなければなりません。 薬剤師の資格を持っていても仕事が見つからなかったらどうしようと不安に思ってしまう人もいるかもしれませんが、薬剤師の資格は就職・転職をする際にかなり有利な資格でもあります。

そのため、いくつも条件をつけたりしなければ、勤務先を見つけるのは難しいことではありません。 履歴書についても同じで、ほとんど目を通されることなく採用されたというケースも多いです。 しかし、履歴書や面接の内容を重視している企業が多いのも事実です。

どうせ採用されるだろうと甘く考えていると不採用になってしまう可能性もあるので、最低限のマナーや基本はしっかり理解しておかなければなりません。 まず、面接時と履歴書の写真を撮影する際の服装についてですが、これはスーツが無難です。

高校生のアルバイトで来ているわけではないのですから、スーツを着てしっかりとした格好で面接を受けるのはマナーでもあります。 当然のことながら、女性はマニキュアなどを落としていきましょう。 髪色が明るいのも問題なので、黒くしていきましょう。

履歴書についてですが、これも人間性を見るために詳しくチェックされる場合があります。 きれいな字で書いているかということはもちろん、志望動機でもしっかり自己PRをすることができるように頑張りましょう。

字を書くのが苦手だからといってパソコンで履歴書を作成する人がいるようですが、これはやめておいたほうがいいです。 例え字が苦手だったとしても、丁寧に書けば伝わります。

これらのことは当たり前のことではあるのですが、この当たり前のことすら守らないで面接に来る人が増えているようです。 薬剤師の採用率は非常に高いものの、条件が良い求人などは応募数も増えるので、ライバルに差をつけることができるように努力しましょう。