薬剤師資格を取るための国家試験について

薬剤師資格を取るための国家試験について

薬剤師になるためには国家試験に合格する必要があるのですが、合格率がどれくらいなのか気になりますよね。 これは、どういった学校を卒業してから試験に挑むのかによって大きく変わってきます。 国家試験を受験するためには大学で学ぶ必要があるわけですが、その大学に通う全ての人が薬剤師の資格を求めているわけではありませんよね。

そのため、薬剤師の資格取得に力を入れ、国家試験合格のための授業に力を入れている大学もあれば、そうではない大学もあるわけです。 例えば、薬科大学は国家試験対策に力を入れているため、合格率は非常に高く、受験者のうち約8割が合格しているとされています。

合格率が8割というと、簡単な試験なのではないかと思ってしまう人がいるかもしれませんが、薬剤師試験の難易度は非常に高いです。 ですが、長年に渡り薬剤について大学で学んだ人が試験を受けるわけなので、自然と合格率が高くなります。

それからもう1つの理由として挙げられるのが、合格する可能性が低い人は大学側が試験を受けさせないということも挙げられるでしょう。 不合格者が多くなってしまうと大学の評判が低くなってしまうので、確実に国家試験に合格できると思われる人にしか試験を認めない場合もあるようです。

最初に説明したとおり、どこの大学に通うかという点は非常に大切です。 しかし、合格率8割、9割と宣伝している大学であれば必ずしも安心というわけではありません。

これは最後に紹介した合格率を下げないためのカラクリがあるからです。 大学側が宣伝している合格率だけを信じてしまうと本当の合格率を見落としてしまう可能性があるので、大学選びは慎重に行う必要があります。

学校で授業を受けていればそのまま合格できるような簡単な試験ではないので、自分でもしっかり勉強の時間を作り、資格取得に向けて努力を続けることが大切です。 大学の費用は安いものではないため、一発合格、試験合格を目指したいですね。