薬剤師の働き方

薬剤師の働き方

薬剤師として働きたいと思った場合、どのような形で働くのかを考えなければなりません。 大きく分けると、正社員・パート・契約社員などの働き方が挙げられます。 中でも人気がある働き方はパートです。 なぜ正社員よりもパートのほうが人気なのかというと、非常にメリットが多いということが理由となるでしょう。

薬剤師として働いているのは女性が多いのですが、女性が仕事をするにあたり考えなければならないのが、結婚に関する問題ですよね。 パートとして働くとある程度は自分の時間が自由になるということから、結婚を機に仕事を辞めた人がパートとして職場復帰する場合が多いんです。

薬剤師の給料は非常に高いとして知られていますが、パートとして働いた場合でもそれは同じです。 一般的なアルバイトでは時給1,000円をなかなか超えることがありませんが、薬剤師のパートの場合は簡単に時給2,000円を超えたりするんです。

そのため、短時間しか働けないパートでもたくさん稼ぐことができるので、パートとして短い時間働くスタイルが人気です。 正社員として働く場合は、忙しい仕事であるということを理解しておかなければなりません。 それに、全国チェーンの会社に正社員として勤める場合は転勤についても考える必要があるでしょう。

パートを希望する人が多いため、正社員はどちらかというと足りていない傾向にあります。 そのため、正社員として働ける場所を見つけるのは難しいことではありません。 即日で採用が決まるケースも多いので、職探しに苦労することはないでしょう。

ただし、一口に薬剤師といっても勤務形態は様々なので、高収入だからという理由だけで職場を選ぶことはおすすめできません。

最後に、契約社員や派遣という形で働く人もいます。 派遣は正社員ほど高い給料は望めませんが、パート以上に自由な働き方ができるので、自分のライフスタイルを優先させたいという場合におすすめです。

契約社員や派遣として働いてみて、良い職場であることがわかった場合に正社員になることを検討する人も多いです。