薬剤師の転職を検討してみる

今の職場に満足できないと感じた場合、薬剤師転職をするという選択肢もありますよね。薬剤師の仕事は簡単ではありますが、長年同じところに努めていると徐々に慣れてきます。最初は薬を出すのに手間取っていた人でも、数年続ければ患者さんの顔を覚え、出さなければならない薬もすぐに想像することができるようになるでしょう。

しかし、こういった生活に物足りなさを感じてしまう人もいるようです。仕事に慣れたので働きやすいと感じる人もいれば、今のまま働いていてもスキルアップができないと感じる人もいます。そのため、スキルアップのために転職を考える人も多いですね。

<関連サイト>
第2回 気になるスキルアップ事情:〝私の本音〟アンケート

他に、就職したものの自分が思っていた職場とは少し違ったという理由で転職をする人も多いです。 病院や調剤薬局などの薬剤師パートは外から様子がわかりにくいので、実際に働き始めてみないとどんなところなのか判断することが難しいです。

そのため、働き始めてから理想と違ったと後悔する人もいるんです。より良い環境で働きたいと思っているのであれば、転職することも検討してみるといいですね。ですが、適当に職場を探して就職したとしても、また理想と違ったという結果になってしまうかもしれません。

そこで、まずは自分が新しい職場に何を望むのかよく考えることから始めてみましょう。例えば、今より給料を毎月5万円以上アップしたい、自宅から車で20分以内のところがいい、週休2日のところで働きたいなど、いろいろな理想があるはずです。

こういった条件は、できるだけ詳しく挙げておきましょう。あとは条件に合った職場をよく比較してから面接に行くところを決めます。多くの施設では人材が不足しているため、薬剤師の転職は難しいことではありません。

自分に合わない職場で無理をして働き続けるよりも、理想の職場を探して転職をしたほうがいいですね。転職活動をサポートしてくれる薬剤師専門の転職情報サイトなどもあるので、上手に活用していくといいでしょう。

薬剤師の病院での仕事

薬剤師が働ける職場はたくさんありますが、病院もその一つです。 病院で働くことに憧れて薬剤師免許を取得したという方もたくさんいます。

ただ、実は昔に比べると薬剤師が病院で働ける機会というのは減っているといえるでしょう。 というのも、医薬分業が進んだことが関係しています。

病院の薬剤師として働きたいと考えている方は、これが狭き門であるということを十分に理解し、求人情報を集めていきたいですね。

病院で働くことができれば最先端の医療技術や知識に触れることができます。 薬剤師としてのスキルアップにもつながるはずなので、病院から求められる薬剤師になり、就職を目指しましょう。

では、病院はどのような薬剤師を求めているのかという点についてですが、まず、チーム医療で活躍してくれる人です。 病院では様々な立場の人が協力してチーム医療を実現しているのですが、ここでは薬剤師の力も求められています。

薬剤師としてそれまで他の職場で積んできた経験などが役立つはずなので、面接では自分が持っている知識や経験についてアピールすると良いでしょう。

病院によってどのような知識や技術を持った人材を求めているかというのは違います。 あまり経験の長くない方でも自分の技術を活かして働ける職場が見つかるかもしれません。

このあたりはとにかく求人情報をたくさん集めるしかないでしょう。 明らかな技術不足を感じているのであれば、他の職場で技術や経験を積むことが大切です。

病院への転職を検討しているのであれば薬剤師専門の転職支援サイトを活用しましょう。

先にご紹介したように病院への転職希望者数に際して実際の求人情報はそれほど多くなく、非常に狭き門でもあります。

毎年新たに薬剤師資格を取得するのは1万名以上と言われていますが、現在病院で働いている薬剤師を総合しても5万人ほどだとされているのです。

しかも、病院で働く総合的な薬剤師の数というのは毎年それほど変わりがないため、この5万人の中に入るのはなかなか難しいかもしれません。 たくさんの求人情報をチェックして自分でも働ける病院を探してみると良いですね。

薬剤師の調剤薬局への転職について

薬剤師が活躍できる職場の一つに調剤薬局があります。 ただ、昔に比べると採用倍率が高くなっているため、なかなか調剤薬局への転職ができずに苦戦してしまう方もいるようです。

薬剤師といえば、しばらくは売り手市場が続いていました。 そのため、薬剤師資格を持っているだけで転職にはかなり有利だったのですが、現在はそうとは言えないのです。

その理由として挙げられるのが、都市部において薬剤師免許を持っている方が溢れているということ。 毎年新たに1万人ほどの人が薬剤師免許を取得しているのですが、都市部では薬剤師の需要よりも供給の方が多くなっているわけです。

それだけでなく、調剤薬局というのは多くの薬剤師から見ても非常に魅力的な職場だといえるでしょう。 そういったこともあり、調剤薬局への転職を希望する薬剤師が多く、倍率が高くなっています。

調剤薬局への転職を検討しているのであれば、自己衛生管理をしっかり行わなければなりません。 薬剤師免許を取得しているというのは最低限の条件であるため、倍率の高い調剤薬局に就職するためにはその他のポイントでも自分をアピールしていく必要があるのです。

このようにご紹介すると調剤薬局で働くのは非常に難しいことなのかと思ってしまうかもしれませんが、これは地域によって状況が全く違ってきます。 人手が十分に足りているのは都市部の話であり、地方ではまだまだ薬剤師の手が足りていない状況が続いているのです。

もし、都市部でなかなか求人情報を見つけることができないのであれば、もう少し範囲を広げて地方などの求人情報もチェックしてみてはどうでしょうか。

これから薬剤師が増え続けることを考えると、地方でも近いうちに人手が足りる状態になってしまうでしょう。 調剤薬局への転職を検討しているのであれば、今がチャンスだとも言えます。

だからといって焦って転職してしまうと失敗する可能性が高くなりますが、転職支援サイトなどの力を借りながら自分に合った職場探しをしてみてはどうでしょうか。